部屋を掃除して古い掛け軸を骨董品店に売った体験談

私の祖母は日本国内や中国の骨董品を集めるのが趣味で、部屋の中にたくさんの置物や装飾品、食器類などが保管されていました。しかし祖母が病気で亡くなって以降は半ば部屋を放置したような状態が続いており、家族と相談して部屋の中を一掃することになりました。

特に掛け軸が好きだったようで、壁に掛けている分だけでなく押入れの奥からは箱に収納された掛け軸がたくさん出てきました。オークションやフリマで販売することも考えたのですが、私も家族も骨董品についての知識がまったくなかったため、やはり信頼と実績のあるお店の店頭で買い取ってもらうことにしました。ネットや広告チラシなどを調べ、自宅から車で30分ほどの場所にある骨董品店に持ち込むことになりました。

そこのお店は地域に根差した営業を長年されているだけでなく、時代に合わせてネット販売やネットでの買取もされているとのこと。お店のスタッフが意外にも若い方で、私とほぼ同世代ではないかなと感じるほどだったのです。


すぐ鑑定が開始。ルーペで細部をチェックされ、キズやシミ・汚れが無いかを入念に確認されていました。江戸時代中期に描かれた山水画だったようで、美しい岩肌や松の木が描かれたものでした。ものすごく希少価値の高いものではなかったようですが、状態が良かったこともあり一つあたり数万円での買い取りをしてもらうことができました。全部で4点持ち込んだので、ある程度まとまったお金にすることができ満足です。
骨董品を買取してもらう場合は、やっぱり実績のあるお店の店頭が良いですね。

タイトルとURLをコピーしました