お宝!中国の掛け軸!鑑定士が出した値段は億?

一人暮らしだった母が亡くなり、遺品を整理していると古びた箱を押し入れで見つけました。箱に筆で書かれた文字があるけれど見たこともない漢字ばかりで読めません。開けてみると掛け軸が入っていました。箱とは違い、とてもキレイな状態で保存されていました。開運何とか鑑定団とか言う番組で掛け軸がジャンと出て来て、鑑定額が、○億?と言われていたのとよく似た山水画みたいな風景が描かれていました。「もしや、これも億のお宝!」と心が踊りました。「お母さんありがとう」なんて、こんな時に不謹慎だと思いつつも胸の高鳴りは抑えられない状態でした。

ネットオークションなら中国人も見るからやっぱり高く売れるのかななんて素人考えではありましたが、友だちに相談したところ贋作じゃなければ、鑑定士に見てもらったほうが高く売れると言われました。ちょっと面倒くさい気もしました。持って行ったところで、それこそ贋作だったら立場がなくなるのではと思うと迷いました。ネットで調べてみると、家に来て無料で鑑定してくれるところもあることが分かり、早速電話して来てもらうことにしました。勝手に中国の掛け軸と思い込んでいたけどそれだって定かじゃないわけで本当に凶と出るか吉と出るかという気持ちでした。

和服を着て、ひげをはやした老人が来るだろうと勝手に予想していましたが、来たのはスーツを着た40代位の女性でした。「ちょっと大丈夫かな?」と思いましたが、やはり中国の掛け軸で価値としては30万円ということで買い取ってもらえました。「億はやっぱりないよね」と変にがっかりしながらも、中国の桂林なんかで、実際に山水画の景色を見ながら悠久の時を過ごせる位の金額を手にすることが出来ました。実際のところは行きませんが、しばらくお母さんの写真の横に飾っておきます。

タイトルとURLをコピーしました